So-net無料ブログ作成
ゲーム(FFXII) ブログトップ
前の3件 | -

今頃エンディング(遅っ!) [ゲーム(FFXII)]

ここ最近、ずっと諸事情(って何?)により止まったままだったFF12。
もうエンディングも間近だって事は自分でもわかっていたんだけれど、そこからなかなか集中してゲームする時間を作れず、その後そのまま頭の片隅に追いやって、うっかりすっかり忘れてしまっていました。

しかし、つい先日実家に行った時、弟から「そういえばFF12ってどうなった?」と聞かれ、私はその存在を思い出しました。
思わず「うぉっ! 忘れてたぁ〜!!!」と叫んだら、弟から「そんなことだろうとは思っていたけどさぁ」と、ものすご〜く呆れた目で見られてしまいました・・・。
でもさぁ、弟だったらわかってよ。忘れちゃうのもしょうがないじゃん。だって私なんだから。(←これが理由?)


・・・で、思い出したからには最後までやらねばと、ようやくゲームの続きを再開したのですが・・・。

やっぱねぇ〜、RPGを途中で止めて長期間ほったらかしっていうのはダメだって、今更ながら実感しましたよ。何がなんだかワケわかんなくなっちゃって・・・。
一応ゲームの大まかなストーリーは覚えていたんですが、細かい部分で忘れてしまっているところが多過ぎて、思い出すまでにかなりの時間を要してしまいました・・・。

しかも私、まさかこんなに長期間止めっぱなしになるとは思っていなかったもんだから、前回のセーブポイントがめちゃめちゃ中途半端ところで、自分が何故そこにいるのかとか、自分はこれから何をしようとしているのかわからなくて叫びたくなっちゃいました。

でもまぁ、徐々に内容を思い出してきてゲームを進める事が出来たし、今回はそのまま無事にエンディングまで見る事が出来たのでオールOKって事にしましょう。

・・・っていうか、あまりにもあっさりとエンディングまで進んじゃって、こんな短時間でエンディングまで漕ぎ着ける事が出来るんだったら、前回中途半端なところで止めたりしないで最後まで行っとけば良かったって今更ながら後悔・・・。
うろ覚えでプレイしていて、やっとゲームの流れを思い出した〜って思った時にはエンディングだったからさぁ・・・。
なんだか、150時間近くもこのゲームに時間を費やしたのに、最後はこんな終わり方で良いのか!?って自分を問いつめたい感じ?


ところで、FF12のエンディングなんて、たぶん私以外のプレイヤーはみんなとっくの昔に見てると思うんだけれど・・・、あのエンディングって何? どういう事?
誰か私が理解出来るように説明してくれませんかぁ・・・。

私はゲームに登場している主要キャラクターの中で一番好きだったのは毒舌女王のアーシェだったんですが、最後の最後に彼女の事がわからなくなってしまいました・・・。

あの「バルフレア〜」っていう叫びの意味は?
彼女は彼を好きだったって事なの?
あの話の流れだと、そんな風にしか思えないんだけど?
っていうか、いつそうなったの?
ストーリー上で、アーシェがバルフレアに心惹かれているような、そんな描写ってあったっけ?
正直わけわからん。

エンディングまで行って、本当だったらもっとスッキリしているはずなのに、何故かモヤット感が残ってしまいました・・・。

でもまぁ、とってもキレイなグラフィックを堪能出来たから、それで全て良しとしようかな。(←え、こんなんでいいの?)

〜 FF12・完 〜


タグ:感想 FF12 FFXII
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

久しぶりに続きを・・・ [ゲーム(FFXII)]

※ネタバレ有り、要注意でお願いします!

最近ゲームの進行具合がカメよりも遅くなってきているFF12。
あいかわらず本筋のストーリーとは全く関係無い所でウロウロしたり、サブイベント的なもの(モブ退治・コッカトリス探し等)で変に盛り上がってみたりと、エンディングに向けてゲームを進めようという気がまるで無い私・・・。
購入から早4ヶ月が過ぎようというのに、まだ1回もエンディングを見ていない奴は、ひょっとして私だけなのでは!?

で、「このままではいかん!」と思い立った(今更なんだけど)私は、ちょっと気合いを入れてストーリーを進行させてみることにしたのですが・・・なんだか、周りの敵がやけに弱い気が・・・。
ひょっとして(ひょっとしなくても)どうでもいい事に時間を費やし過ぎている間に、必要以上にレベルが上がっていた?
アルケイディスでず〜〜〜っとストーリー止めたまま、レベル50までいっちゃったのって、もしかして私ぐらい?
ストーリーの流れとキャラクターのレベルが噛み合ってない・・・。

そんなわけで、敵をバッタバッタとなぎ倒し、本来ならばもう少し苦戦するのであろうドラクロア研究所をあっという間にクリア。
ここでの一番の見せ場であるシドとの対決も、あまりにもあっさりし過ぎていて、「えっ!?終わりっすか!?」って感じでした。

ちなみに、ドラクロア研究所突入時でのパーティーメンバー全員のレベルはというと・・・
おバカなヴァン 50(←一応レベルだけは主人公らしく)
毒舌アーシェ 50(←お気に入りだから高い)
なぜ半ズボン?バッシュ 48
うさ耳フラン 40
ちょっと痛いパンネロ 39
本当に空賊?バルフレア 30(←なぜこの人だけこんなに低いんだ!?)
・・・ってな感じです。

その後、またちょっとだけ悪い病気が出て、港町バーフォンハイムで凝りもせず必要以上にウロウロしていたのですが、「いかんいかん!」と自分に言い聞かせすぐに軌道修正。
そして、サラッと幻妖の森を抜けて、古代都市ギルヴェガンに入り、そこも難無くクリア。
ま、とりあえずギルヴェガンまでクリアしたし、私の性格からしてまたしばらくは安心して(?)本筋から離れそうな予感・・・。(いい加減に先を目指せ!)

ところで、ここまでずっとゲームを進めてきて、内容的に終盤に差し掛かったって事は理解できるんですけど、「このまま何の盛り上がりも無く終わるのかぁ!?」と、ちょっと(いや、かなり)不安だったりするんです。
これまでずっとFFシリーズをプレイしてきたけれど、どのシリーズも(内容に多少の好き嫌いはあっても)ストーリーにメリハリがあったんですよね。
中盤に話全体の転機になるような見せ場があって(7は当然エアリスの死、9ではガーネットが決意を胸に長い髪を切り落としたり、10ではユウナが無理矢理結婚式を挙げさせられたり、究極召喚後のユウナの運命を知ってしまったティーダの心の葛藤があったり・・・等々)、それぞれのシーンが心に強く残っているんです。そしてそこから、エンディングに向ってどんどん盛り上がっていくって感じでした。(私的には9のエンディングが好き。10のエンディングは感動するけど切ない。)

なのになのにFF12、内容的に終盤に差し掛かっている今現在、心に残る盛り上がりが全然無い状態なのはどうして!?
まさかこのままエンディングまでいってしまうんじゃないでしょうねぇ!?
時折ラスラの幻影が登場するシーンには、ちょっと切なくなったりしたけれど、ホントそれだけ。
ひょっとして全体通して一番の盛り上がりだった場所って・・・オープニングムービーかも?

・・・っていうか、よくここまで主人公のヴァンを完全無視したストーリーに仕上げたもんだなって、違う意味で関心しますよ。だって主人公なのに全くストーリーに絡んでいないし、何のために旅を続けているのか未だに理解不能だし・・・。(たぶん、2年前になぜ兄が殺されたのかを探るためなんだけど、それを思わせるエピソードが無いから、すごく中途半端。)
まだエンディングを見ていないので何とも言えないんだけど、正直、ヴァンを主人公にする意味あったんだろうか?

実は私、密かにFF12に「アーシェとゆかいな仲間たち」っていうサブタイトルを勝手に付けていたんだけど、このままサブタイトル通りにエンディングを迎えるのではないかと・・・かなり不安。(でも、それはそれで違う意味で面白いのかも?)


タグ:感想 FF12 FFXII
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

50時間経過! [ゲーム(FFXII)]

※今回もネタバレ含んでますので、みなさん要注意でお願いします。

トータルプレイ時間がやっと50時間に到達したFF12。
しかし、ストーリー展開からするとまだまだ先が長そうだぞ〜〜〜って状態だったりするワケで、それというのも私のゲームの進め方に問題があるからなんですよね〜。

新しい街に入ったりすると、隅から隅までじっくりと見て回るわ、街の人達み〜んなに話し掛けて回るわで、ゲームの進行に全く関係の無いところでいつまでもフラフラ〜っとしてるから、なかなか先に進まないんです。
こんなゲームの中でまで、自分のダラダラした生活っぷりが暴露されてしまうとは・・・恐るべしFF12!(←いや、ゲームは関係ないし)

ちなみに、私の弟もFF12を同じ時期から始めたんだけど、弟はとっくにクリアしたらしいです。
先日「どれぐらい進んだの?」と弟から聞かれたので、私は進行状況を説明したのですが、

「50時間もやっといて、まだそんなところウロウロしてんのかよ!おかしいんじゃね〜の!?」

と暴言を吐きやがったので、軽く(?)殴っときました。

でもね、イイワケするわけじゃないけどさぁ(いや、十分イイワケなんだけどね)、私と同じような事してる人、結構いると思うよ〜。(本当か!?)
だって、FFってグラフィックにすんごい力入れてるから、ちょっとした街の風景なんかにも手が込んでいて、ついコントローラーのスティックをグリグリ回して色んな角度から見てしまいたくなるんだもの。
大理石のようなツルツルした質感の床に、周りの建物等がちゃんと映り込んでいるのを発見した時は、思わず「おぉ〜〜〜っ!」と声をあげて驚いてしまいましたよ。
それに、街の中を歩いている人達も、ただ歩いてるっていうのと違って、本当にその街で生活してます〜っていう雰囲気が出ていて、そんなところに製作スタッフのこだわりを凄く感じました。

でもね、正直言ってもっと違うところにこだわって欲しかったっていうのが私の本音です。
ストーリー的に、私はまだ半分までも進んでいないと思うんだけど、現時点で「いや、それ、かなり無理があるよ」って思うところがあるんですよ〜。

その筆頭が、主人公ヴァンが「なぜみんなと一緒に旅を続けているのか理解不能」ってところ。
本来これって一番大事な話の核になる部分でしょ?
他のパーティーメンバーが旅をしている理由はそれぞれあるし、ストーリー的にも色々絡んできたりしてるんだけど、ヴァンは主人公なのにもかかわらず「カヤの外」って状態になっているんですよね。
それに、「俺は空賊になるんだ!」な〜んて夢を、ガールフレンドのパンネロに熱く語って、調子ぶっこいちゃったりしてるんだけど、その空賊になりたい理由もいまいちワケわかんないし・・・。

しかも、「おバカキャラ」が売りの(そこが売りなのか!?)ヴァンにとって、2年前に兄を殺された事は唯一ダークな部分なのに、その兄を殺したとされているバッシュを仲間としてあっさり認めちゃっているあたり、マジで納得いかん!
ヴァンにとって兄の死はその程度のものだったの?
それとも本当にバカなの!?

今後どのようなストーリー展開になるのか、まだまだ読めないところではあるけれども、主人公がこんな中途半端なポジションでいいのかなぁ?
こんなんだったら、私のお気に入りである「毒舌アーシェ」に主人公の座を譲ってくれ〜!


タグ:感想 FF12 FFXII
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の3件 | - ゲーム(FFXII) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。