So-net無料ブログ作成
検索選択
本(海外作家) ブログトップ

三つの棺 [本(海外作家)]

タイトル:三つの棺
著者:ジョン・ディクスン・カー

<内容>
酒場で吸血鬼談義をしていたグリモー教授とその友人達の前に、突如現れた黒装束の謎の男。重要な話があるので後日訪問したいというその男の言葉に、狼狽を隠せないグリモー教授。
それから三日後の夜、言葉通りに謎の男は教授を訪問し、やがて教授の部屋から銃声が響き渡った。
居合わせたフェル博士達が部屋に駆け付けると、グリモー教授は胸を撃たれて倒れていた。
しかし、部屋の中にいるはずの謎の男は、完全な密室状態であったにもかかわらず、部屋の中から忽然と姿を消していた。


<感想>
これぞまさしく推理小説って感じの一冊でした。
久しぶりに頭をフル回転させながら読んだ気がします。

謎解きについては後で書かせていただくとして・・・

この本、本当にいろんな意味で楽しめました。
密室の謎解きを純粋に楽しめるのはもちろんですが、何よりも終盤近くに繰り広げられる「密室の講議」がイイんですよ。これはミステリーファンにはたまらない内容だと思います。
推理小説における様々な密室の状況を細かく説明していて、読んでいて「なるほど~」と唸ってしまいました。
それに、有名な推理小説のトリックを例として取り上げて、ネタバレとも思えるような解説を堂々としちゃってるんですが、これにはかなり驚きました!
こんな事しちゃっていいのかな? 普通ありえないですよ!


三つの棺 (ハヤカワ・ミステリ文庫 カ 2-3)

三つの棺 (ハヤカワ・ミステリ文庫 カ 2-3)

  • 作者: ジョン・ディクスン・カー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1979/07
  • メディア: 文庫



さて、ここから先はこの本の一番のみどころ、密室トリックについて書こうと思います。

え~と、こういう場合、どこまで書いたらいいのか加減が難しいですね。
この先は結構重要なヒントとか出てきちゃうと思いますので、ネタバレOKな方、もしくは一生この本を読まない(笑)って方のみ読んで下さいませ。


※これより先はネタバレ注意でお願いします!


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

舞台裏の殺人 [本(海外作家)]

タイトル:舞台裏の殺人
著者:キャロリン・G・ハート

<内容>
ミステリー専門書店を経営するアニーは、自分も参加する地元劇団のリハーサル中に起きた殺人事件に巻き込まれてしまった。
殺されたのは俳優のシェイン。舞台の練習は不真面目で、セリフも覚えず、更に女たらしと問題点だらけだったシェインは、多くの人々から恨みをかっていた。
誰が犯人なのかと頭を悩ますアニー。そんなアニーを悲劇が襲う。
なんと、一番犯人ではありえないはずのアニーの恋人マックスが第一の容疑者にされてしまったのだ。
アニーは恋人の無実を証明する為に、数々のミステリー作品から得た知識を頼りに、事件の謎に挑戦するのだが・・・。

<感想>
この作品はミステリー本来の楽しみ方の他に、もうひとつ別な楽しみ方がありました。それは、この作品の至る所に様々な有名ミステリー作家や作品がちりばめられていた点です。

例えば、元弁護士である劇団員の視線を・・・
「そして誰もいなくなった」で判事が集まった客を見まわしたときもこんなだったのかもしれない。
と表現していたり、劇団員のひとりである神父さんを・・・
「牧師館の殺人」以外ならどんな演目であろうと、夏の公演の聖職者役を務めてくれる、人のいい神父さんだ。
と紹介したりしています。

その他にも・・・
SFフェアでテーブルに山積みされたスティーブン・キングの本よりも早く消えた。
シャーロック・ホームズのように、興味津々で彼を見守る。
ジャップ主任警部と話すポアロの気分でいるのかしら。
等々、思わず「ニヤッ!」としてしまう表現がちりばめられています。ミステリー好きにはたまらないかも。
かといって、他のミステリー作品に関する知識が無くても、十分に楽しめる内容になっています。

登場人物も個性的な人が多く、中でも私の一番のお気に入りはマックスの母親・ローレル。
この母親、息子の結婚式を「素晴らしい結婚式」にしようと張り切っていて、度々アニーに電話してきては結婚式に関するアドバイス(?)をしてくるのですが、その内容のどれもこれもが「ありえねぇ〜!」って叫びたくなるくらい悪趣味なものばかりで、素晴らしい結婚式にしようとしているのか、息子夫婦を笑い者にしようとしているのか、理解不能って感じでした。

アニーはローレルの要らぬお節介を必死で断ろうとするのですが、脳内で独自の世界を作り上げているローレルには全く通じず、いつも一方的に電話を切られてしまうのでした。
ただでさえ殺人事件で頭がいっぱいなのに、事件に関係のない事で振り回されるアニーがとっても可哀想だなって思うんですが、それ以上に笑ってしまいました。

一体アニーはどんな素晴らしい(おぞましい?)結婚式を挙げる事になるのか、続編に期待!

舞台裏の殺人

舞台裏の殺人

  • 作者: キャロリン・G. ハート
  • 出版社/メーカー: ミステリアス・プレス
  • 発売日: 1991/11
  • メディア: 文庫


nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

図書館の死体 [本(海外作家)]

タイトル:図書館の死体
著者:ジェフ・アボット

<内容>
アルツハイマーの母親を介護するため、都会での仕事を辞めて田舎に帰郷し、図書館長として働いていた青年が、身に覚えのない殺人事件の容疑者にされてしまう。
青年は自分の潔白を証明しようと、真犯人を探すため、独自に調査を始めるのだが・・・。

<感想>
田舎町で起った殺人事件の犯人探しが話のメインとなっているのですが、読み進めるうちに様々な人間模様が混ざり合って、どんどん話が複雑になって行く気がしました。
主人公の青年にはアルツハイマーの母親がいるのですが、その母親の介護に関する事で姉と揉めたりするし、事件の調査を進めていくうちに母親の過去を知り、自分の出生の秘密までも知る事になってしまったりと、結構重〜い内容が絡んできます。
でも、そんな重たい内容も、青年の明るく前向きな性格で救われているんですけどね。
物語の最後にはちょっと感動するエピソードもありましたし・・・。
全体的に人間臭い内容だなと感じました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
本(海外作家) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。