So-net無料ブログ作成
本(クリスティ) ブログトップ
前の3件 | -

殺人は容易だ [本(クリスティ)]

タイトル:殺人は容易だ
著者:アガサ・クリスティー

<内容>
植民地帰りの元警官ルークは、ロンドンへ向かう列車の中で、たまたま同じ車輌に乗り合わせた老婦人から不思議な話を聞かされた。
その老婦人の話とは、彼女の住む村で密かに連続殺人が起きているというものだった。しかも、次に狙われているのはハンブルビーという村の医師で、彼女はそれを阻止する為に、これからロンドン警視庁に知らせに行くのだと言う。
しかしそれを聞いたルークは、これは老婦人のくだらない妄想だろうと聞き流していた。

ところが、ルークはそれが老婦人の妄想などではなかった事を、翌日の新聞記事で知る。
その老婦人は、列車を降りてルークと別れた後、車で轢き殺されていたのだ。
しかもその一週間後には、次の犠牲者として名前が出ていたハンブルビー医師も亡くなったのだ。
元警官の血が騒いだルークは、真相を探る為に、早速亡くなった老婦人が暮らしていた村へと向かった。


<感想>
ポアロもマープルも出ないノンシリーズものだけれど、内容はかなり面白かったです。
私がミステリーを読む時は、序盤は淡々と読み進めて中盤あたりから引き込まれて行くというパターンが多いんですが、この作品は序盤からぐいぐい引き込まれて最後まで一気読みした一冊となりました。

まず、偶然列車で同席したルークと老婦人との間で交わされる会話が、内容的には短いものなんだけれど、物語の核心に迫る部分なのでかなり興味をそそられる内容でした。そして、実際にこの会話の内容が、後でかなり重要な要素となってくるんですけどね。
私はこの本を読んでいる間、ちょっとした疑問が頭に浮かぶと、何度かこの二人の会話部分に戻って読み直したりしました。
そしてその甲斐あってか、どうにか犯人の目星をつける事ができ、すっきりした気持ちで読み終える事ができました。

他のクリスティー作品に比べて、この作品はミスディレクションが少ないような気がしたので、それも犯人の目星をつける一因となったのかもしれません。

でも、犯人の目星はつける事ができても、その動機が何なのか全く掴めなくて、結局それに関しては最後の最後までわからなかったんですけどね。
まさか、あんな動機だったなんてねぇ。嫉妬と言うか、執念と言うか、怨念と言うか・・・。
たった一人に復讐するために、関係の無い人達をこんなに殺せるなんて・・・。今回の犯人、まじ怖いっす。

それにしてもこの主人公のルーク、私が目星をつけていた犯人を序盤であっさり容疑者から外しちゃったり、しかもその人物に事件に関する事をベラベラしゃべっちゃったり、あげくの果てにはそのせいで自分の愛する人を危険な目に合わせちゃったり、かなり間抜けな探偵さんだったと思いました。
思わず「おいおい!」って何度もツッコミ入れそうになっちゃったし・・・。
でもまぁ、そこが素人探偵の面白いところなんですけどね〜。
ポアロやマープルだったら絶対にありえないようなミスを、この素人探偵ルークはやっちゃうんだけど、そんなところもちょっと可愛いかも~って思ったり~。

そうそう、事件には直接関係ないけれど、ルークに巻き起こるロマンスも見どころのひとつかも。
ルークと彼女の間で繰り広げられる、微妙な恋の駆け引きめいた会話とか、なんかイイ感じだったなぁ。
私もこんな恋の駆け引き、やってみたいよ~!(無理だけど)
クリスティーはトリックだけではなく、こういった登場人物の心理描写などでも読ませてくれるからやめられないんですよねぇ〜。






スリーピング・マーダー [本(クリスティ)]

タイトル:スリーピング・マーダー
著者:アガサ・クリスティ

<内容>
夫と生活する新居を求めて、一足先にイングランドにやってきた新婚の妻。彼女は一目で気に入った家を見つけて、その家を新居として購入し、遅れてやってくる夫を待つ間に家の改装を始めた。
ところが、家の改装を進めていくうちに、彼女の周りで奇妙な事が起こり始めた。「ここにドアが欲しい、ここには石段が欲しい」と彼女が思った場所に、以前ドアや石段が存在した形跡が見つかったのだ。
さらに、自分が頭の中に思い描いていたものと同じ壁紙を発見した時、彼女は「幼い頃この家に住んだ事があるのでは?」と考え始める。

そしてついに、偶然見に行った芝居をきっかけにして、彼女は幼い頃の記憶と、その記憶の中に眠っていた殺人事件を思い出す。

<感想>
クリスティの作品ではポアロシリーズとマープルシリーズが有名ですが、これはマープルシリーズ最後の作品です。

正直、こんな偶然が自分の身に起こったら、私は本気でビビってしまうと思いました。
だって、自分がドアや石段を作ろうと思った場所に、昔本当にドアや石段が存在した形跡を見つけちゃうんですよ?
しかも、「こんな壁紙がいいなぁ〜」なんて自分が思っていたのと全く同じ柄の古い壁紙まで出てきちゃうんですよ?
恐いって〜!めちゃめちゃ恐いって〜!

彼女のように「ひょっとして幼い頃に住んでいた事があるのかも?」なんて、私だったら絶対に考えもしないですよ。完璧に霊的なものを想像してしまいます・・・。
だって、自分が幼い頃に住んでいた家だとは知らずに、その家を購入してしまうなんて、かなりすごい確率ですよ?

それにしても、彼女の不幸なところは、幼い頃に目撃してず〜っと忘れていた殺人事件のことを思い出しちゃうって事ですよねぇ・・・。
私なら絶対に思い出したくない! ずっと忘れたままでいたい! 読んでいる間、ず〜っとそう思っていました。

ましてや、彼女のように自分でその犯人を探そうなんて、絶対に無理無理! そんな好奇心いらないから! 私だったら即引越します!
マープルが犯人探しをしようとしている彼女に「やめときなさい」と言ったのに対して、思わず私も「うんうん、やめときなさい!」って何度もうなずきましたよ。



・・・って、推理小説だというのに、犯人の話に全く触れずに、こんな感想でいいのでしょうか?

だって、クリスティの作品にしては大変珍しい事に、犯人がわかってしまったんですもの・・・。
いつものように「え〜!マジでぇ〜!?」って驚くような犯人だったら、たぶん興奮して書きまくるんですけど。
見事に犯人を当てた時、「私の推理力もまだまだいけるわね!」って喜んだのですが、逆にそれがちょっと拍子抜けって感じだったんです。ちょっと矛盾してるんですけど・・・。

そんなわけで、こんな「なんだそりゃ?」的な感想文になってしまいました。
すみません(^^;)



最後に、話の流れとは何も関係ないけれど、ポアロシリーズとは対照的に、最後の最後まで元気いっぱいだったマープルがとても印象に残りました。
マープルは今後も様々な事件を解決していくんだろうなぁ〜っ・・・ていうのを想像させてくれるような終わり方だったのが、私的には良かったなぁって思いました。


春にして君を離れ [本(クリスティ)]

タイトル:春にして君を離れ
著者:アガサ・クリスティー

<内容>
理想の家庭を築き上げ、「自分は幸せ」だと満ち足りた気持ちで生活してきたジョーン。彼女は、バグダッドに住む娘の病気見舞を終えてイギリスに帰る途中、学生時代の友人と偶然の再会を果たした。束の間、友人と何気ない会話を交わすジョーン。
しかし、この会話がきっかけとなり、ジョーンは昔の記憶を紐解きながら、これまでの夫や子供達との関係に疑問と不安を抱き始める。

<感想>
クリスティーの作品はこれまで様々なものを読んできました。
しかし、ミステリー以外の作品を読むのは実はこれが初めてで、正直読むまで全然内容を想像できませんでした。

で、実際に読んでみて・・・。

この作品は、自分が置かれている状況や性別等によって、感じ方や考え方は人それぞれではないかと私は思いました。そして、私がこれを読んで一番に感じたこと、それは「恐怖感」でした。
恐怖と言ってもホラー作品の恐怖ではなく、人の心の奥に潜む様々な闇の部分とでも言うのか、そういうものに対する恐怖です。

自分が今まで「理想の家族」だと思ってきた中で、本当は自分だけが孤立している存在だったと知る事は、いったいどれ程の恐怖なのか・・・。
自分が今まで信じて疑いもしなかった価値観や考え方が、自分の中でガラガラと音を立てて崩れていくのを感じる事は、いったいどれ程の恐怖なのか・・・。
自分が今まで愛する家族の為と思っていた行動や言葉が、そうとは知らず、その愛する家族を傷付ける刃となっていたら・・・。
彼女は結局、自分自身は「何も変わらない」という選択肢を選びました。 でも、もし私だったらどうしたんだろう・・・。

彼女を自分に置き換えて考えれば考える程、現実にありえる話なだけに、ホラー作品なんかよりよっぽど「怖い」と感じた作品でした。


前の3件 | - 本(クリスティ) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。